AX
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

ヒーリング・ライティングはあなたのクリエイティビティを開花させます。

ヒーリング・ライティングは即席で文章を上手にするノウハウではありません。

あなたの内側に眠っているクリエイティビティの種をすくいあげ、

あなたにしかできない表現をするお手伝いをします。

なので、あなたがどんな表現を始めるのか、

いまの段階ではまったくわかりません。

そういうあなたの内側を巡る

冒険へと導きます。

答えはどこにもありません。

安全な道もありません。

冒険へと漕ぎ出しますか?

それともここで終わりにしますか?

   

はじめての方はこちらにある順に読んでいただくと

わかりやすいかもしれません。

お好きなところからはじめてももちろん構いません。

「もうそんなことは知っているよ」という方もいるでしょう。

そういう方はたどり着きたい内容のキーワードを右上の検索窓に入れて検索すると

たどり着くかもしれません。

このサイトは内容を次第に増やしていきます。

ときどきいらしてご覧ください。

BlogやSNSの記事を書くヒントにするのもいいですね。

「気持ちいいものを書く」はヒーリング・ライティングのエクササイズのひとつです。

それを毎日おこなっているメルマガが「日刊 気持ちいいもの」。

購読はこちらをご覧下さい。

各ページの下にあるFeedBurner(Google運営)のウィンドウにメールアドレスを入力し、

「購読する」のボタンをクリックすれば、更新のたびにお知らせが届きます。ご利用ください。

ヒーリング・ライティングにお寄せいただいた、ご意見・ご感想を読むにはこらちをクリックして下さい。

  

新着Blog
#
誰かに何かを言われて傷つくとき、実は自分の解釈が自分を傷つけている。
#
人はなぜ言葉に執着するのか
#
自分の心の癒されてない部分を見つめる
#
誰かにプレゼントを上げるように、言葉をプレゼントする。
#
雑誌『全開運!しあわせ』に「癒しの時間」と題して、気持ちいいものを書くことについて連載しました。
#
古い記事(Blog)から順番に
#
ヒーリング・ライティングのベーシックなエクササイズは「気持ちいいものを書く」こと。 実際に書きはじめましょう。
#
「気持ちいいもの」を書いていくコツ
#
気持ちいいものを書くとき、あなたの頭に浮かぶ言葉はなんでしょう?
#
「日刊 気持ちいいもの」に関して、以前のサイトに書いた説明をもう一度
#
矛盾したことに遭遇したとき、どう考えるのか。
冒険日誌
2017/06/28
平成29年6月12日にヒーリング・ライティング・ワークショップ「水の思い出について書く」をおこないました。 ワーク1 「水」と言われて思い出すことを単語や短い言葉で書けるだけ書け。五分 いろんなことを思い出すでしょう。 多くの場合は、思い出したいことを思い出して、思い出したくないことは思い出さないでしょう。 思い出したことは、何かの入口です。 いま思い出すべき何かへの入口。 心地よいテンポで過去を思い出していくと、いろんな思い出が感情や思考の栄養になっていくでしょう。 だけど、過度な期待はしないこと。 時…
2017/05/24
平成29年5月22日(月)にヒーリング・ライティング・ワークショップ「短い物語を書く」をおこないました。そのまとめをここに書きます。 おこなったワークは以下の通りです。 ワーク1 会話をしやすい仲良しの方を一人思い浮かべ、その方との架空の会話を五分間書いて下さい。 話のきっかけとして、どこかに大きな穴があいていることを前提として会話を書いて下さい。 ワーク2 物語を作る時の方法 その1 1.たった一行でその物語を書くとどんな一行か? 2.どんな登場人物が登場するのか? 今回は登場人物はなるべく少なく 3.…
2017/05/12
毎回亜紀ちゃんにお菓子を作っていただいてますけど、前回のお菓子はこれでした。 桜のクッキーです。 でもこれだとクッキーが見えないのでもう一枚別の写真。 おいしそうでしょう。 文章を書きながら、好きなときにつまんでください。次回のお菓子はどんなものでしょう? 
水のきらめき
2017/09/28
バリ島のアグン山が噴火しそうで、八万人の人たちが避難しているという。いったい何が起きたのだろう?と思ってしまう … "バリ島のエカダサ・ルドラ" の続きを読む
2017/09/10
「水のきらめき」へようこそ。 「水のきらめき」は、つなぶちようじのBlogです。 現在再構築中です。 過去の記 … "ようこそ" の続きを読む
2013/06/22
先日、Tokyo Water Clubという異業種交流会で、僕の父に関する講演をさせていただいた。講演の準備に … "綱淵謙錠、一字題の訳" の続きを読む
2013/03/20
ニュピの前日、ウブドの交差点でブタカラのお祭りがおこなわれていた。一時間近く炎天下に立っていたので、木陰に入っ … "ウブドでAKOちゃん" の続きを読む
2010/05/14
5/10にアカデミーヒルズでグエナエル・ニコラ氏の講演「異文化のイノベーション〜未来を発見するデザイン」を聞い … "異文化のイノベーション〜未来を発見するデザイン" の続きを読む
日刊 気持ちいいもの バックナンバー
2017/10/18
奇跡を思い出す 普段目にしているあらゆることが 実は不思議な力で営まれていることを思い出す。 あまりにもそのことに慣れてしまって、 それが凄いことだとは思えない 自分の心をかえりみる。 どこまでも続く菜の花畑。 なぜみんな同じ形になれるのだろう? 青空に浮かぶ雲。 なぜみんな違う形なんだろう? 言い合う言葉。 どうやって言葉が生まれたんだろう? 見上げる星空。 宇宙ってどうしてできたんだろう? そういう物事に支えられて 生きている僕。
2017/10/17
スマホからfacebookをはずす 本を読む人たちの間で 流行りつつあること。 それがスマホからfacebookを はずすことなんだそうだ。 僕はもともとスマホのfacebookは あまり見ないので はずそうとはずすまいと あまり関係ないけど、 そんなことが静かに 流行っているのが面白い。 みなさん電車の中ではスマホを 見ていますからね。 本を読みたい人がfacebookに 引き込まれないようにする 対抗手段らしい。 僕はたいてい文庫本を読んでいる。 文庫本を読んでいる人が 近くに何人かいると 勝手に同志…
2017/10/16
不快なことを認める いろんなことを「不快だな」と思いながらもやる。 それが「不快」だと考えるのは嫌だけど仕方ない。 「不快」は「不快」。 でも「不快」のままやっているとうまくできない。 「不快」がやっていることに表現される。 表現されずに済ますためには どうも自分が「不快」であることを 認めなければならないようだ。
2017/10/13
瀬戸内のスダチ スダチを買ってきた。 レモンほど酸っぱくない。 ライムのように香りがない。 小さいのでジュースをたくさんは取れない。 こういうハンデを背負っているが、僕は好き。 どっちつかずな感じが日本的でいい。 繊細な味覚と嗅覚を必要とするともいえる。 ライムの代わりにテキーラとシェイクして マルガリータにする。 ライムは一個で充分だけど、 スダチで作る場合は一杯に三個ほど使う。 和的なマルガリータだから そのカクテルの名前は「真珠子」かな。 マルガリータはスペインの女性の名前、 その語源はギリシャにあ…