AX
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

ヒーリング・ライティングはあなたのクリエイティビティを開花させます。

ヒーリング・ライティングは即席で文章を上手にするノウハウではありません。

あなたの内側に眠っているクリエイティビティの種をすくいあげ、

あなたにしかできない表現をするお手伝いをします。

なので、あなたがどんな表現を始めるのか、

いまの段階ではまったくわかりません。

そういうあなたの内側を巡る

冒険へと導きます。

答えはどこにもありません。

安全な道もありません。

冒険へと漕ぎ出しますか?

それともここで終わりにしますか?

   

はじめての方はこちらにある順に読んでいただくと

わかりやすいかもしれません。

お好きなところからはじめてももちろん構いません。

「もうそんなことは知っているよ」という方もいるでしょう。

そういう方はたどり着きたい内容のキーワードを右上の検索窓に入れて検索すると

たどり着くかもしれません。

このサイトは内容を次第に増やしていきます。

ときどきいらしてご覧ください。

BlogやSNSの記事を書くヒントにするのもいいですね。

「気持ちいいものを書く」はヒーリング・ライティングのエクササイズのひとつです。

それを毎日おこなっているメルマガが「日刊 気持ちいいもの」。

購読はこちらをご覧下さい。

各ページの下にあるFeedBurner(Google運営)のウィンドウにメールアドレスを入力し、

「購読する」のボタンをクリックすれば、更新のたびにお知らせが届きます。ご利用ください。

ヒーリング・ライティングにお寄せいただいた、ご意見・ご感想を読むにはこらちをクリックして下さい。

  

新着Blog
#
誰かに何かを言われて傷つくとき、実は自分の解釈が自分を傷つけている。
#
人はなぜ言葉に執着するのか
#
自分の心の癒されてない部分を見つめる
#
誰かにプレゼントを上げるように、言葉をプレゼントする。
#
雑誌『全開運!しあわせ』に「癒しの時間」と題して、気持ちいいものを書くことについて連載しました。
#
古い記事(Blog)から順番に
#
ヒーリング・ライティングのベーシックなエクササイズは「気持ちいいものを書く」こと。 実際に書きはじめましょう。
#
「気持ちいいもの」を書いていくコツ
#
気持ちいいものを書くとき、あなたの頭に浮かぶ言葉はなんでしょう?
#
「日刊 気持ちいいもの」に関して、以前のサイトに書いた説明をもう一度
#
矛盾したことに遭遇したとき、どう考えるのか。
冒険日誌
2017/06/28
平成29年6月12日にヒーリング・ライティング・ワークショップ「水の思い出について書く」をおこないました。 ワーク1 「水」と言われて思い出すことを単語や短い言葉で書けるだけ書け。五分 いろんなことを思い出すでしょう。 多くの場合は、思い出したいことを思い出して、思い出したくないことは思い出さないでしょう。 思い出したことは、何かの入口です。 いま思い出すべき何かへの入口。 心地よいテンポで過去を思い出していくと、いろんな思い出が感情や思考の栄養になっていくでしょう。 だけど、過度な期待はしないこと。 時…
2017/05/24
平成29年5月22日(月)にヒーリング・ライティング・ワークショップ「短い物語を書く」をおこないました。そのまとめをここに書きます。 おこなったワークは以下の通りです。 ワーク1 会話をしやすい仲良しの方を一人思い浮かべ、その方との架空の会話を五分間書いて下さい。 話のきっかけとして、どこかに大きな穴があいていることを前提として会話を書いて下さい。 ワーク2 物語を作る時の方法 その1 1.たった一行でその物語を書くとどんな一行か? 2.どんな登場人物が登場するのか? 今回は登場人物はなるべく少なく 3.…
2017/05/12
毎回亜紀ちゃんにお菓子を作っていただいてますけど、前回のお菓子はこれでした。 桜のクッキーです。 でもこれだとクッキーが見えないのでもう一枚別の写真。 おいしそうでしょう。 文章を書きながら、好きなときにつまんでください。次回のお菓子はどんなものでしょう? 
水のきらめき
2017/07/17
岡田米雄の論文を読んだ。 タイトルは「農産物を商品にするな」。 商品にすることで農産物は効率化される。 その結果、本物の農産物が作られなくなり、偽物の農産物ばかりが流通するようになる。 こんな話を岡田米雄は1970年4 [...]
2017/06/29
前世というものがあるのかないのか、僕にはよくわからない。あるといえばあるし、ないといえばない。どのような立場から考えるかによってあったりなかったりする。 あるという立場からしばらく書いてみたいと思う。 僕のまわりの人に [...]
2017/03/08
今年も秩父今宮神社の龍神祭で、柚楽弥衣さんが奉納歌唱することになりました。 詳細はこちらのpdfに。 場所はこちらです。 去年の奉納歌唱の様子がこちらで見られます。
2017/03/07
  『日刊 気持ちいいもの』に「新しい急須」を書いた。こんなものだ。   新しい急須 相方が新しい急須を買ってきた。 その急須が便利・不便利という観点から見ると非常に不便だ。 まず、お湯がたくさん入 [...]
2017/02/17
前のエントリーにヒーリング・ライティングの公開講座を再開しますと書きましたけど、ワークショップとして始めることにしました。 詳細はこちらをご覧ください。
日刊 気持ちいいもの バックナンバー
2017/07/25
食べ物で涼む 最近では冷たい食べ物が当たり前になったけど、 江戸時代は氷が手に入るのはよほどの金持ちか偉い人。 そういうときに一般民衆が楽しんでいたのが 寒天のお菓子。 豆かん、ところてん、みつ豆など。 風鈴と一緒で実際に冷たいというほどではないけど 涼しい感覚にしてくれる。 今度高畑康子先生に きゅうりかんとトマトかんを習う。 どちらも寒天で作るお惣菜。 どんなものかな? http://bit.ly/takahatacook
2017/07/24
できっこない できっこないと考えるのは、とても簡単。 「できない」と宣言してしなければいいから。 不老不死も惑星探検も AIも量子コンピューターも 「そんなものはできっこない」 といって考えなくなるのはとても簡単。 でも実際には そういうプロジェクトが動いていて、 僕には想像もつかないようなことが 始まろうとしている。 それらをひとつひとつ調べて 考えていくのはもう無理。 だからそんなものは 「できっこない」と考えて無視する。 ああらくちん。 と考えるのが気持ちいいけど、 実際にはあきらめずに追いかける業…
2017/07/22
古墳についてのもやもや はじめてバリ島に行って以来、 ニュピが気になった。 なんで気になったのか よくわからないけど とにかく行きたかった。 それから8年ほどして 実際にかようようになる。 かよっていろいろと知る訳だけど、 あのときのもやもやした感じが 再び来ている。 古墳についてだ。 なんで古墳に興味を持つのかが よくわからない。 けどなんか気になる。 いろいろと調べれば調べるほど もやもやしてきた。 このもやもやが楽しい。
2017/07/20
不老不死 遺伝子工学の発達により、 もうすぐ人類は不老不死に なるかもしれないという。 それって本当に嬉しいことなのか? かつて「未来惑星ザルドス」という SFを見た。 1974年の作品。 ジェームズ・ボンドをやめた ショーン・コネリーが 主演だったので興味を持った。 その作品で人類の裕福な一団は 不老不死になっている。 ところが、その人々は 生きることに飽きていて 壊滅的な状況を受け入れていく。 不思議なあと味の映画だった。 もし実際に不老不死になったら、 人類はどうなっていくのだろう?